黙示録の美術(ヨーロッパ中世美術論集2)

4902084429
価格:¥ 本体17,000+税
[シリーズ] ヨーロッパ中世美術論集 第2巻
[版型] B5変(182×246)上製
[ページ数] 432ページ
[ISBN] 978-4-902084-42-9

(2016/01/19)

〈ヨーロッパ中世美術論集〉第2巻

 

これからのシリーズ刊行予定はこちら (別画面でPDFがひらきます)

 

黙示録の美術

 

Arts of the Apocalypse [Collected Papers on Medieval Art in Europe 2]
edited by Kumiko TANAKA
General Supervisor: Koichi KOSHI

目  次


口絵
第1章 黙示録と黙示録美術─造形的展開と神学的源泉
中世の黙示録写本─その挿絵の造形原理─(越宏一)  7
黙示録に記されたヴィジョンの源泉─旧約の伝統から新約へ─(佐竹明)  24

第2章 黙示録のイメージの生成と発展
最古の黙示録イメージを求めて─ローマ教会堂装飾の伝統─(加藤磨珠枝)  47
初期中世の黙示録写本〈天上のエルサレム〉諸場面に見る黙示録挿絵サイクルの生成と発展(濱西雅子)  75
カロリング朝聖書写本の黙示録挿絵─トゥール派を中心に─(保坂ひろみ)  98

第3章 ベアトゥス黙示録─イベリア半島が生んだ奇想
十世紀におけるベアトゥス写本挿絵の革新─終末への恐れ、イスラム勢力との抗争、典礼における活用という背景から─(ペーター・K.クライン)  125
イメージを聞く─ベアトゥス写本の音と沈黙─(宮内ふじ乃)  148
バルカバード修道院のベアトゥス写本と「オビエドの十字架」装飾頁(安發和彰)  171

第4章 英仏黙示録の展開─ロマネスクからゴシックへ
サン=サヴァン・シュル・ガルタンプ修道院付属教会堂の黙示録図像再考─「蝗の禍」「女と竜」「再臨のキリスト」をめぐって─(武井美砂)  197
《ドゥース黙示録》─アングロ・ノルマンの興隆─(髙木真喜子)  224
アンジェの黙示録─モニュメントとしてのタピスリー─(田中久美子)  247
カールシュテイン城の黙示録─母型としての英仏黙示録、モニュメンタル化によるその変容─(大野松彦)  285

第5章 ルネサンス前夜─救済への願い
薔薇窓の《黙示録》─シャルトル大聖堂の南薔薇窓を中心に─(高野禎子)  319
《ゲントの祭壇画》と『黙示録』(荒木成子)  349
ドイツ・宗教改革時代の黙示録挿絵─アルブレヒト・デューラーからマティアス・ゲールングまで─(青山愛香)  376

Die Erneuerung der Beatus-Illustration des 10 : Jahrhundert im Kontext von Endzeitängsten, Konflikten mit dem Islam und liturgischer Praxis(Peter K. Klein)  414


あとがき  415
執筆者一覧  418
索引  429

お問い合わせ・ご注文はTEL:03-5977-8871FAX:03-5977-8879または問い合わせフォームで

本を探す

刊行月