複数化する源氏物語(新時代への源氏学7)

新時代源氏007【カバー】
価格:¥ 本体7,800+税
[シリーズ] 新時代への源氏学 第7巻
[版型] A5上製
[ページ数] 312ページ
[ISBN] 978-4-902084-37-5

(2015/05/15)

新時代への源氏学 第7巻

 

シリーズ刊行予定はこちら(PDFファイルが開きます)

 

目 次



  • 『源氏物語』の原本とはなにか(池田和臣) 5
  • 平安時代の『源氏物語』本文─物語は本当に〝書写〟されたのか─(横溝博) 23
  • 定家本『源氏物語』研究の現在/今後(新美哲彦) 44
  • 河内本研究の現在/今後(大内英範) 70
  • 別本研究の現在/今後(中村一夫) 89
  • 『源氏物語大成』校異篇の歴史的意義(中川照将)121
  • 中世的世界から見た源氏物語─本文と注釈─(吉森佳奈子) 144
  • 近世源氏物語テキストの編集と注釈(清水婦久子)166
  • 近代の注釈観─基礎作業と創造のはざまで─(鈴木泰恵) 199
  • モノとしてのテキストと解釈─「大島本源氏物語」「関屋」冊の再検討─(佐々木孝浩) 222
  • 写本で読むこと/活字本で読むこと(加藤昌嘉) 246
  • 本文校訂のモラル─特に底本選定と「取り合わせ」問題に関して─(久保木秀夫) 276


  • 編集後記(土方洋一) 302
  • 索引 311
お問い合わせ・ご注文はTEL:03-5977-8871FAX:03-5977-8879または問い合わせフォームで

本を探す

刊行月