虚構と歴史のはざまで(新時代への源氏学6)

9784902084320
価格:¥ 本体7,800+税
[シリーズ] 新時代への源氏学 第6巻
[版型] A5上製
[ページ数] 312ページ
[ISBN] 978-4-902084-36-8

(2014/06/06)

新時代への源氏学 第6巻
シリーズ刊行予定はこちら(PDFファイルが開きます)

目  次

  • 一条朝の源氏公卿と「源氏幻想」─「源氏」物語を生みだしたもの─(助川幸逸郎)  5
  • 弘徽殿大后の政治的機能と摂関政治─朱雀朝における「母后」と「妻后」─(高橋麻織)  27
  • 源氏物語の貴族社会論─物語の世の中─(本橋裕美)  49
  • 女房、女官のライフコースと物語、物語文学(外山敦子)  77
  • 『源氏物語』の「鄙」─播磨国と越前国─(磐下徹)  96
  • 年中行事・季節感と源氏物語─文化としての歳事・季節─(松野彩)  119
  • 婚姻慣習と源氏物語─紫の上の結婚経緯をめぐって─(青島麻子)  144
  • 源氏物語の邸宅─間取りが作る物語─(齋藤正志)  167
  • 冷泉帝の行幸における舞と音楽─歴史化される朱雀院の欲望─(森野正弘)  187
  • 服飾による創造を読み解く─『源氏物語』の「聴色」をテーマとして─(森田直美)  216
  • 源氏物語の霊魂観と宗教─宗教的感性はいかに物語を動かすか─(藤井由紀子)  248
  • 『源氏物語』と対外交流─交流が作る日本文化─(李宇玲)  275



  • 編集後記(松岡智之)   302 
  • 索引 311
お問い合わせ・ご注文はTEL:03-5977-8871FAX:03-5977-8879または問い合わせフォームで

本を探す

刊行月