祈念像の美術(ヨーロッパ中世美術論集3)

9784902084436
価格:¥ 17,000+税
[シリーズ] ヨーロッパ中世美術論集 第3巻
[版型] B5変(182×246)上製
[ページ数] 464ページ
[ISBN] 978-4-902084-43-6

(2018/06/27)

〈ヨーロッパ中世美術論集〉第3巻

 

シリーズ完結!一覧はこちら (別画面でPDFがひらきます)

 


祈念像の美術

 

The Art of Devotion [Collected Papers on Medieval Art in Europe 3]
edited by Mikinosuke TANABE
General Supervisor: Koichi KOSHI

 

 

目  次

 

口 絵

 


序 祈念像とは何か?─その形態と機能について─(田辺 幹之助)  5




第一章 祈念像の前史と成立

  • 《オディギトリアの聖母子》と《悲しみの人》の両面イコン(カストリア、ビザンティン博物館)をめぐって(橋村直樹)  31
  • ドゥッチョ作《クレヴォレのマドンナ》─聖母に触れる幼子像─(吉澤早苗)  57
  • 美しき聖母とピエタ─1400年頃のマリア祈念像と優美様式─(大野松彦)  77
  • 祈念像と時禱書─中世末期の祈念の表現と《ロアンの大時禱書》─(髙木 真喜子)  106


第二章 祈念像の展開

  • 祈念像としての死者イメージ(小池寿子)  133
  • 祈念像としての「聖グレゴリウスのミサ」(田辺 幹之助)  165
  • 祈りの空間─ニュルンベルクのザンクト・ローレンツ聖堂におけるシュトース作《天使の挨拶》─(岩谷秋美)  196
  • ティルマン・リーメンシュナイダーの《マリア祭壇》(薩摩雅登)  219


第三章 初期ネーデルラント絵画と祈念像

  • 清貧のクラリス会の祭壇画─ロベール・カンパン周辺作品を中心に─(鈴木伸子)  249
  • ロヒール・ファン・デル・ウェイデンのマグダラのマリア─祈念への誘い─(荒木成子)  269
  • 持ち運ばれる祈りの絵─ヘラルト・ダーフィトの小二連画から─(元木幸一)  293


第四章 中世と近世の狭間で

  • 叡智の櫃(arca sapientiae)─フラ・アンジェリコ作「銀器収納棚」装飾にみる記憶術的概念図と祈念─(水野千依)  321
  • 「聖顔布(Mandylion)」の変容と帰結─レオナルディズモの《サルヴァトール・ムンディ》とフランドル絵画の関係─((江藤匠)  357
  • 版画、祈念画、贖宥(保井亜弓)  375
  • 近世初頭のドイツにおける「悲しみの人」の諸相─プライデンヴルフからデューラーへ─(平川佳世)  403
  • 宗教改革と芸術の狭間で─ドイツ・ルネサンス期における祈念像の問題─(青山愛香)  425



執筆者一覧  451
あとがき   454
索  引   462

		
お問い合わせ・ご注文はTEL:03-5977-8871FAX:03-5977-8879または問い合わせフォームで

本を探す

刊行月