源氏物語の生成と再構築(新時代への源氏学1)

9784902084310
価格:¥ 本体7,800+税
[シリーズ] 新時代への源氏学 第1巻
[版型] A5上製
[ページ数] 312ページ
[ISBN] 978-4-902084-31-3

(2014/06/06)

新時代への源氏学 第1巻

シリーズ刊行予定はこちら(PDFファイルが開きます)

 

目  次

  • 物語の「主題」とは何か(神田龍身)  5
  • フィクションの方法─想像力とことば─(高田祐彦)  17
  • 物語のストーリーとその射程─長編性と短編性─(松岡智之)  42
  • 源氏物語の年立(濱橋顕一)  77
  • 『源氏物語』のコンポジション─巻序─(今井久代)  106
  • 時代設定と准拠─『源氏物語』の斎宮・斎院─(浅尾広良)  134
  • 物語の素材とモデル─「高麗人」と「鴻臚館」について─(袴田光康)  164
  • 物語を切り開く磁場─予言・夢・密通─(湯淺幸代)  190
  • 物語的空間と時間─場面を構成する仕組み─(高木和子)  209
  • 『源氏物語』は「物語」なのか?─ジャンルとその超越について─(土方洋一)  232
  • 二人の光源氏─『栄花物語』と『源氏物語』の間を読む─(木村朗子)  255
  • 物語の作者と読者─散文ジャンルを読むことの相関性─(東原伸明)  279



  • 編集後記(土方洋一)303
  • 索引 311

 

お問い合わせ・ご注文はTEL:03-5977-8871FAX:03-5977-8879または問い合わせフォームで

本を探す

刊行月