ローマ ─外国人芸術家たちの都

ローマ

(2013/10/23)

〈西洋近代の都市と芸術〉(監修=佐藤直樹/喜多崎親/天野知香)1巻

これからのシリーズ刊行予定はこちら (別画面でPDFがひらきます)

 

 

目 次


序 ローマ、十九世紀のアルカディア (佐藤直樹)

 

ローマ派の美術家たち

 

  • 礼拝と展示のはざまで─19世紀初めのローマにおける展覧会事情─ (渡辺晋輔)
  • カノーヴァとトーヴァルスン (金井直)
  • カール・フリードリヒ・フォン・ルーモアとナザレ派 (加藤哲弘)
  • ローマの「自由」と風景画─ヨーゼフ・アントン・コッホとマルティン・フォン・ローデン─ (仲間裕子)
  • ヨハン・クリスティアン・ラインハルトとフランス人画家たちの交流─ティヴォリの風景を巡って─ (佐藤直樹)
  • ヴィラ・メディチとフランスの画家たち─フランス・アカデミー・ローマ校をめぐって─ (三浦篤)
  • ミシャロンと一八二〇年前後のローマ─「制度」と「個人」の狭間で─ (小針由紀隆)
  • ジャン=バティスト・カルポーと1850~60年代のローマ (大屋美那)
  • チャールズ・ロック・イーストレイクの感覚的風景─ローマおよびカンパーニャの風景画と山賊画─ (山口惠里子)
  • ローマのC. W. エガスベア 1813~1816年 (萬屋健司)
  • 19世紀ローマのスペイン人画家コロニーとホアキン・ソローリャ (川瀬佑介)

 

 

美術の周辺─文学・音楽・ファッション・観光史

 

  • イタリアにおけるゲーテ─画家ヨハン・フィリップ・メラーの修業時代─ (眞岩啓子)
  • 永遠の墓所─バイロン、シェリーのローマ─ (髙橋勇)
  • ローマ・オペラの特殊性─外国支配と教皇国家の検閲が変えた19世紀のオペラ─ (水谷彰良)
  • ヴィラ・メディチのベルリオーズ─フランス・アカデミーをめぐって (井上さつき)
  • ローマにおけるフランツ・リストと画家・彫刻家 (福田弥)
  • メンデルスゾーンのローマ滞在─1830年11月〜1831年6月─ (星野宏美)
  • ファッションとローマ─アングルはローマの何を描いたか─ (平芳裕子)
  • ローマとアニエネ川・サビーニ山方面の芸術家宿 (河村英和)

 

あとがき (佐藤直樹)
図版目録
索 引

お問い合わせ・ご注文はTEL:03-5977-8871FAX:03-5977-8879または問い合わせフォームで

本を探す

刊行月