〈物語史〉形成の力学(新時代への源氏学8)

新時代源氏08
価格:¥ 8,800+税
[シリーズ] 新時代への源氏学 第8巻
[版型] A5カバー装
[ページ数] 352ページ
[ISBN] 978-4-902084-38-2

(2016/05/10)

新時代への源氏学 第8巻

 

シリーズ刊行予定はこちら(PDFファイルが開きます)

 

目次

  • 物語史の新しい構想(三角洋一)  5
  • 語ることと書くこと─モノガタリの相互作用─(津田博幸)  25
  • 書記言語の展開と物語言説の変容─和歌と地の文の連続における〈仮名文を読む〉こと─(斎藤菜穂子)  60
  • 話型の解釈共同体─『源氏物語』に「昔話」の痕跡を探す─(菊地仁)  89
  • 歌物語としての源氏物語─紅葉賀巻の源典侍物語をめぐって─(吉田幹生)  113
  • 前期物語から見る物語史(正道寺康子)  137
  • 後期物語から見る物語史─『源氏物語』の複合的引用と多重化する物語取り─(横溝博)  165
  • 漢文脈の中の源氏物語─「雨夜の品定め」の諧謔的な語りと『女誡』─(西野入篤男)  189
  • 和歌史における『源氏物語』(渡部泰明)  220
  • 『源氏物語』と新古今時代─和歌史の一齣─(田仲洋己)  250
  • 評論としての『源氏物語』─逸脱する語り─(田渕句美子)  288
  • 成長する物語─外伝・偽作の周辺─(小川豊生)  319
  • 編集後記(土方洋一)  342
  • 索引
お問い合わせ・ご注文はTEL:03-5977-8871FAX:03-5977-8879または問い合わせフォームで

本を探す

刊行月